みんなの金融リテラシー

金融リテラシー教育フォーラム2017 in札幌

札幌学院大学で行われた金融リテラシー教育フォーラムの様子を紹介します。

自分磨きに使っていい金額は月いくら?FPが答えます

今しかできないお金の使い方をしてみよう

自分を高めるためにお金を使おう

多くの女性が「人生への変動リスク」への不安から「貯めなきゃ」と感じています。不安を解消するためには、ただ貯めるだけではなく、人生の変化に対応できる稼ぎ力を身につけることも大切です。その手段のひとつが、スキルアップです。

スキルアップというと、習い事をする、資格の勉強をする、本を読むといったイメージが強いでしょう。もちろんこれらはとても効果的です。でも、今は特にやりたいことがない人にとっては、「スキルアップせねば」と思うと気が重いのではないでしょうか。

でも、スキルアップの種は、自分が好きなことのなかにたくさん隠れています。単なる趣味だと思っていることが、のちに自分を高めるきっかけになる可能性もあります。自分の好きなことにお金を使うのは、単なる浪費とは限らないのです。

正しいと思うことには、お金を使うのも良しとしよう

たとえば私は今、ファイナンシャルプランナーの仕事をしていますが、一方で「健康増進」についての研究もしています。そのきっかけが、趣味の料理でした。

私は会社員だった頃、時短になる料理グッズにはまったことがあります。帰宅が遅いのを理由に外食中心にしていたところ、食費がかさむうえに肌荒れがひどくなり、自炊を始めたためです。あるとき、電子レンジで調理できる容器や炊飯釜、冷凍保存用の容器など、ありとあらゆるグッズを試すなかで作った料理のひとつを料理番組に投稿したところ、コンテストで優勝してしまいました。これがきっかけで、食事や健康的な生活について深く知ろうと大学院に入学しました。そして、「健康×お金」へと仕事の幅を広げていくことになりました。

この話を通して伝えたいのは、「自分が正しいと思うこと、好きだと思うことには多少のお金を使うのも良しとしよう」ということです。

実は、節約のために自炊を始めたものの、料理グッズを買ったり、料理の腕を上げようと月に1,2回は外食を続けたりもしたので、目先の節約効果はあまりありませんでした。ですが、食生活を改善するために料理グッズや外食にかけたお金は、自分のハッピーな気持ちや、キャリアの可能性につながりました。これは、深夜に帰宅して仕方なく食べる外食にかけるお金とは全く意味が違います。

生活費の2割を自分のためにあてる

お金を使っている瞬間には、それがのちに実を結ぶかどうかはわかりません。ですが、自分がほしい、やりたいと思う気持ちに素直に従い、そのためにお金を使うことは、単なる浪費ではなく、スキルアップへの投資になる可能性も高いと思います。

ファッション、グルメ、旅行、コスメなど、女性にはたくさんのお楽しみがあります。かけられるお金には限りがありますが、日ごろ使っているお金の一部を「自分のための投資」と捉えてみてはいかがでしょうか?その目安は、やりくり状況にもよりますが生活費のうち約2割がおすすめです。1ヶ月の生活費が20万円なら4万円です。

この2割の内訳は、趣味・娯楽、交際費、被服費などを合わせて約1割、それ以外のおこづかいで約1割です。これらで使っているお金の大半は、すでに自分の好きなことに充てているはずですが、お買い物や外食などをエンジョイすることをより意識してみましょう。そして、「お店で勧められたから仕方なく買ってしまった」のように、本意でない出費の割合を極力減らすように心がけましょう。

お金を使う意思決定は、人生の意思決定のトレーニングにもなる

節約や貯蓄をするときには、娯楽費や交際費からカットすることが多いので、これらにお金を使うのは悪いことと感じている人もいます。ですが、必要以上に目くじらを立てる必要はありません。

なぜなら、お金を使うことは、意思決定のひとつのトレーニングだからです。我慢をして自分の本心に背を向け続けていると、お金を使わずに済む反面、心の声が聞こえなくなってしまいます。すると、いざ自分の人生で何がやりたいか、何を求めているのかを考えたときに、自分で答えを出せなくなってしまうこともあります。自分の意思で決断する力は、結婚などのライフイベントにもとても大事になってきます。

結婚や子育てで家族にお金がかかる時期や、高齢の親にサポートが必要な時期になると、自分のために時間とお金を使えるチャンスは格段に減ってしまいます。嫌でもお金がかかる時期に備えて、早めに貯蓄をしておくことももちろん大切ですが、自分のために使える時期も、実はあまりないのです。その限りある時間に、自分が好きなことを十分に楽しみ、そのためにお金を使うことは、人生の礎への設備投資でもあるように思います。≥

クレジット

文/加藤梨里

プロフィール

加藤梨里(かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表 保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。

マネーステップオフィス:http://moneystep.co/